Subscribe to 印鑑 はんこを選ぶうえで気をつける事 Subscribe to 印鑑 はんこを選ぶうえで気をつける事's comments

印鑑って、使用用途によって購入する印鑑が異なります。
皆さんはご存じだったでしょうか。
難しい話ではありませんので、
このブログを印鑑を購入する際の参考にしてもらえましたら、光栄です。

まず、印鑑の用途は実印・銀行印・認め印に大きく分けられます。
それらの用途に関しては、以前のブログを参考にしてみて下さい。

実印・銀行印に関しては基本的には手掘りの印鑑。
認め印に関してはシヤチハタ等の既製印としてください。

なぜかといいますと、実印・銀行印に関しては防犯上の理由により、
同じ印字にならないよう、手掘りで、認印に関しては、実用性と価格で既製印となります。

印鑑って見た目もそうですが、価格帯に関してもかなりの幅がありますよね。
皆さんは、そういった印鑑をどのように選んでいますか。

私は、印鑑を購入する際に気を付けている事は、この印鑑は何に使用するのかという事です。
そんな印鑑の用途として、実印、銀行印、認め印が大きな用途となります。

例えば、実印や銀行印に関しては、手彫りのものが良いとされています。
これは、それらの印鑑が、本人の署名を表し、それにより、契約や資産等を管理している重要な印鑑だからです。

認め印に関しては、上の印鑑とは異なり、本人のサインを簡略したような使用方法となります。よって、手彫りではなく既製印で充分とされています。

無くしにくいはんこを

Posted by admin. Comment (0).

皆さん、こんにちは。

今回は、私がはんこを選ぶ際に気をつけている事をお話ししたいと思います。
ほとんどの皆さんが、はんこを選ぶ際に、値段や品質、使用性等を基準に選ぶ方が多いのではないかと思います。

私がはんこを選ぶ際に、気を付ける事はちょっと変わっていて、大きなはんこを選ぶようにしています。
恥ずかしい話となりますが、よくはんこを無くしてしまいます。
特に、認め印に関しては、玄関にて何本無くしたのかわかりません。
たぶん、下駄箱の裏や机の中に何本のはんこがあるのかわかりません。
なので、はんこを選ぶ際には品質や使用性の他に、どこにいったのかわかりやすい大きなはんこを選ぶようにしています。

印字の書体

Posted by admin. Comment (0).

はんこを選ぶうえで、重要な事項の一つに印字の書体があります。
一般的には、篆書体や印相体、古印体を使用する方が多いと思います。
印鑑の書体についてはその使用目的によって、大きく変わってきます。
印鑑の使用目的と言えば、大きく実印や銀行印といった防犯上において、重要な印鑑と認め印のように、自身のサイン代わりの印鑑の2種類に分かれます。
まず、実印や銀行印に関しては、篆書体や印相体を使用する方が多いです。
その理由としては、文字が複雑となり、防犯上、それが複製防止の意味を考えると良いとされています。
認め印に関しては、読みやすい書体である古印体の使用が一般的になります。
これらに関しては、特に使用用途においてどの書体を使用しなさいという事は決められていませんので、ハンコ屋さんと相談するのも良いと思います。

印鑑を購入する際は、少なくとも10数年後の自分をイメージしたうえで購入する事をお勧めします。

その理由として、実印や銀行印というものはそう簡単に買い替えするものではないからです。
なので、あまり個性的なデザインではなく、10年後の自分がそのまま使用できるようなデザインが好ましいと思います。
やはり売れ筋も、黒色等の落ち着いた色だそうです。

ただし、認め印等に関して言えば、使用頻度も高くなりますし、その反面、使用期間は短くなります。
買い替えに関しても容易に行えますので、例えばアニメ柄やかわいい柄のものなど、今の自分が気に入ったデザインを選ぶのが、良いのではと思います。

つい先日となりますが、印鑑を購入しました。
最近、引っ越しをしたので、その地域銀行の銀行印用に1本と認め印用のシャチハタ1本です。

銀行印については、当然ですが、手彫りのものとしたのですが、今の世の中は便利だなと改めて感心してしまいました。何に感心したかというと、パソコンにて、文字のレイアウトイメージを選択し、確認してから、製作してもらえるのです。

今までも、冊子等で文字の書式等は選択できましたが、それが自分の名字となるとイメージとちょっと違うなという事がありましたが、今回は納得の1本を作る事が出来ました。

使用用途はなんですか。

Posted by admin. Comment (0).

当然ですが、使用用途によって、選ぶ印鑑は変わってきます。

また、銀行印、認め印等を共同で使用する事は出来ますが、やはり、ほとんどの方は、分けて使用しています。
その理由は、防犯上の問題であったり、それぞれの印鑑の特徴があるからです。

今回は、私が認め印を選ぶうえで気をつけている事をお話したいと思います。
まず、基本はシヤチハタにしています。
何といっても、捺印の際に楽です。

次のポイントは、ちょっと大きめの印鑑にしています。
それはなぜかといいますと、基本的に玄関に置きっぱなしとしていますので、小さな印鑑だと無くしてしまうからです。

この2つの理由で購入した印鑑は、今年で5年の付き合いとなっています。

認め印と実印

Posted by admin. Comment (0).

皆さん、『認め印』と『実印』の違いはおわかりでしょうか。
認め印とは、宅配便などの受け取り状への捺印に使用するハンコの事です。
実印とは、基本的には印鑑登録しているハンコをいいます。
 
 実印に関しては、三文印(大量生産されているもの)や小さすぎるハンコや大きすぎるハンコは使用できません。
防犯上、そういった規定があるようです。
その他にも、いくつか条件がありますので、実印として、使用する印鑑を購入する際は、ハンコ屋さんに相談してから、購入するようにしましょう。
認め印に関しては、使用しやすいスタンプタイプがおすすめです。

認め印は作る?買う?

Posted by admin. Comment (0).

認印(認め印)が必要になったとき、さぁ、どうしましょう。

どうしようというのは、買うか作るかということです。

もし、この時に実印や銀行印も必要な場合は、いっしょに作る事をおススメします。

また、予算がある程度ある時と、急がない場合もできれば、自分だけの認め印を持つことが良いでしょう。
例え、認め印といっても、他人と同じものを持つよりは、私の印鑑という存在がいいのではないでしょうか?

それほど何万円もするものではないですから、作る方向で考えてみてください。

買うよりは価値が上がると思います。
珍しい名字の場合は、作らないといけないですよね、必然的に。

日本での印鑑の役目

Posted by admin. Comment (0).

日本においての印鑑の歴史が本格的になったのは江戸時代のことです。
一般庶民の間で自由に使われるようになったことがきっかけです。

ただし、この時代、庶民の印象はみな黒色をしていて朱肉を使った
朱色の印鑑は武士の実のものとなっていました。

一般庶民の印鑑は、町役人に届出が義務付けられ、現在の印鑑証明ということですね。
そしてもこの印鑑は今はと同じ実印と言い、普段つかいの印鑑は裏印と言われ、
今でいう認印のことですね。

印鑑は江戸の社会においてはますます重要なものとなり、
存在価値も実印は高くなっていったということです。